ミオナールとロキソニンの違いは?ミオナールがロキソニンより支持される訳

ミオナール,通販,鎮痛剤,副作用,効果

 

腰痛・肩こりに使われる薬としてミオナール・ロキソニンがあります。しかし、これらの薬の違いはどこにあるのでしょうか?

 

ミオナールは主に腰痛・手足のこわばり・ひどい肩こりなどの時に治療薬として使われます。

 

これはミオナールには筋肉を緊張させている神経の働きを抑え、筋肉の血流を良くする効果があるためです。副作用は比較的少なく、時々ふらつき・眠気・脱力感が現れます。

 

ただし、希にアナフィラキシーショックに似た症状や発疹・水ぶくれといった重い皮膚症状が現れることがあります。

 

一方、ロキソニンは炎症を抑え、腫れや痛みを抑える薬です。そのため関節リウマチ・腰痛・歯痛などの時に治療薬として使われます。

 

また解熱作用もあるため、のどが腫れる風邪の時などにも使われます。

 

ロキソニンは非ステロイド抗炎症薬のひとつで、比較的安全性が高いことから多くの病気に使われます。

 

しかし胃腸・肝臓の働きが悪化したり、血流の流れが悪くなる恐れがあり、希に胃腸出血・血液成分の異常・無菌性髄膜炎などの副作用が現れます。

ミオナール,通販,鎮痛剤,副作用,効果

 

そのため胃腸・腎臓・肝臓の悪い人、喘息やアレルギーがある方の場合は医師に相談する必要があります。

 

このように、ミオナールとロキソニンは肩こり・腰痛などに使われる薬ですが、ミオナールは筋肉の緊張をほどく一方でロキソニンは炎症を抑えるため、症状の抑え方は異なります。

 

また、薬の作用が違うことからこれらの薬は併用される場合も多いです。

 

さて、同じように肩こり・腰痛でどちらの薬も利用されますが、肩こり・腰痛の場合ミオナールの方が支持されることがあります。その理由として副作用の少なさが挙げられます。

 

ロキソニンは「非ステロイド抗炎症薬」の中でも比較的安全性が高い方ですが、それでも胃腸系を中心に様々な副作用が考えられます。

 

そのため、この薬を使う際は胃腸を保護する薬を併用する必要があります。一方ミオナールは比較的副作用が少なく、胃腸へのダメージも少ないです。そのためこちらの方が多く利用されます。

 

>>ミオナールを安全に通販できるサイト<<

 

ミオナールTOPへ