ミオナールを服用する事で起こる可能性ある副作用は?

ミオナールは筋弛緩剤の一つです。錠剤と顆粒の2つのタイプがありますが、即効性に違いはあるものの成分は同じであるので効き目も同じです。他の筋弛緩剤に比べ作用が穏やかなため副作用も少ないです。

 

ミオナールはγ-運動ニューロンに働きかけるので、筋肉の収縮やこわばり緊張を和らげます。

 

ミオナール,通販,鎮痛剤,副作用,効果

 

また、筋肉の血管を広げる作用があるので、血流が良くなります。そのため痙性麻痺や緊張型頭痛、ひどい肩こり、手足のこわばり、五十肩に効果があります。

 

ミオナールの副作用は少ないですが、比較的多いのは眠気、脱力感、ふらつき、吐き気、嘔吐、めまいです。

 

喉が締め付けられるような感覚になることもあり、特に薬の飲み初めに感じることが多いので気になった場合は医療機関に相談すると良いでしょう。

 

この他の副作用には、発疹がでる、皮膚がかゆい、ほてり、便秘や下痢、食欲不振、胃の不快感、尿失禁、残尿感、貧血などがあります。

 

身体のこわばりを除く薬ではありますが、ミオナールの副作用には、こわばりや頭痛、手足のしびれがある場合もあります。薬の量が多い可能性もあるので、自分の症状をしっかり伝えるようにします。

 

重篤な場合は呼吸困難や激しいかゆみといったアナフィラキシー様ショック状態、発熱や目の充血、水泡といった皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症が症状として現れてきます。

 

ミオナール,通販,鎮痛剤,副作用,効果

 

ミオナールは、効率よく痛みを和らげてくれます。そのため痛みをとるために頻回に飲みたいと感じますが、必ず指定された量を飲むようにしましょう。

 

薬を服用する場合は、胃腸への負担を減らすためにもコップ1杯以上の水と一緒に飲むようにし、空腹時を避ける様にします。飲酒もしないようにします。

 

また、ミオナールはメトカルバモールという、同じ作用を持つ薬と同時に飲むと目の調節機能の障害が起こる可能性があります。

 

メトカルバモールは市販薬として販売されているので、併用して飲まないように注意します。

 

>>ミオナールを安全に通販できるサイト<<

 

ミオナールTOPへ