肩の痛みにもミオナール

ミオナール,通販,鎮痛剤,副作用,効果

 

これまで体に不具合なく生きてきたので、肩が痛いとか、腕が上がりにくいといった症状を、自分で感じた時にはびっくりしました。

 

50歳の誕生日を迎えてから、しばしばこうした不調を感じ始めるようになったのです。これまではなんとも感じたことがなかったのに、腕の上げ下げをするだけで、肩に痛みを感じます。

 

最初は少しひねったくらいだろうと軽く考えていたのですが、痛みを生じる頻度が多くなったのです。

 

そのうちに洋服を着るときにも痛みが出てきましたし、お風呂で髪の毛をシャンプーする時でさえ、スムーズにはいきにくいのです。

 

髪の毛が長いので、パートに行くときには髪の毛を結ぶようにしていますが、それさえも動作がしづらいという有様です。

 

ようやく重い腰を上げて、近くの病院に行くことにしました。診断の結果は、五十肩だったのです。まさに50代に突入をしてから、肩の痛みや動作の不具合を感じていましたので、思わず納得をしてしまいました。

 

五十肩と入っていますが、40代でも五十肩は発症することはあるのだといいます。でも自分の場合は、本当に50代に突入をしてから、待ってましたとばかりに、五十肩の症状が出てきたわけです。

 

とはいえ日常の生活の中で五十肩の症状は、段々とひどうなっていますので、痛みを抑えることができないかと考えました。お薬に頼ってみようとひらめき、ミオナールを飲むようにしたのです。

 

初めてミオナールをお水と飲んだ時には、特有の苦味が気になりましたが、口の中に置かないで、水で一気に流し込めば大丈夫です。

 

ミオナールのお薬はゆっくりと作用をしてきて、痛みを和らげる効果を発揮してくれます。

 

食事のあとに、コップ1杯のお水と一緒にお薬を飲むようになってからは、五十肩のつらい症状は、だいぶ感じにくくなっています、毎食後に飲むようにして、一度に多くを飲まないようにするなど、飲むお薬の量はきちんと守っているのも、良い効果につながっています。

 

>>ミオナールを安全に通販できるサイト<<

 

ミオナールTOPへ